2010年08月24日

メディカル・イーティング(糖尿病篇) 井上俊彦 効果


詳細はこちらをクリック


糖尿病も合併症も自分で改善してしまう
「メディカル・イーティング」って何?



● インスリン注射をしなくてもよくなった
● 憂鬱な人工透析から解放された
● 網膜症による失明を免れた
● 壊疽による両足切断の危機を脱した


井上俊彦先生のメディカル・イーティングを実践すると、深刻な糖尿病患者さんでも、このように回復できる可能性があります。(いずれも、実例です。)


メディカル・イーティングというのは、いわゆる食事療法です。しかしながら、一般的な食事療法とは、


「似て非なるもの」


です。


一般的な(糖尿病の)食事療法では、


● カロリーを計算して控えてください
● バランスよく食べてください
● 食べてはいけないものは特にありません


といった内容の指導がなされます。


しかし、健康食としては良いかもしれませんが、糖尿病を治すための食事療法としては不適切なんですね。


実は、糖尿病患者が絶対に食べてはいけない物はけっこうあるのです。しかも、健康に良いと思われている食品のなかにもそのような物はあります。


ですから、糖尿病患者が一般的に出回っている食事療法を実践してしまうと、治らないどころか悪化させてしまうこともあるんです。


困った事に、病院で医者から受ける指導もそのレベルであることが多いのです。現在の医学部のカリキュラムでは、糖尿病を改善するための食事療法の知識は教わらないのだそうです。


一方、井上先生のメディカル・イーティング(糖尿病篇)は、糖尿病を治すことに特化ししたものです。食用理論に陰陽五行説・分子栄養学を融合させたものと説明されていますが、要するに、食事よって自然治癒力を高めて健康な体に回復させる手法です。


回復に要する期間の目安は、糖尿病初期なら1ヶ月程度、三大合併症を発症していたり、インスリン注射をしている人は6ヶ月程度です。


個人差があるとは言うものの、非常に多くの患者さんが健康な人とほぼ同じ生活をおくれるまでに回復しています。(再発しないように健康食レベルの食事は続けている人が多いようですが・・・。)


西洋医学では「不治の病」と言われている糖尿病ですが、メディカル・イーティングを実践すれば、けっして「不治の病」ではありません。


合併症を発症していても、インスリン注射をしていても、人工透析をしていても、回復して普通の暮らしができるようになる可能性があります。


医者から足を切断しなければならないと宣告された人が、何とか3ヶ月間だけ切断を待ってもらい、その間にメディカル・イーティングで血糖値や壊疽を改善して切断を免れた事例もあります。


似たような手法でも、多くの食事療法は糖尿病患者向けではありません。そのような食事療法を続けていると、症状を悪化させてしまいます。


もし現在、何らかの食事療法を行っているのでしたら、直ぐにメディカル・イーティングの公式サイトを一読されることをお勧めします。


詳細はこちらをクリック




井上俊彦先生の「メディカル・イーティング(糖尿病篇)」のレビュー、口コミ、効果などの情報を公開しています。投薬、インスリン注射、人工透析などから解放される可能性があります。




藤城式高血圧改善食事法 藤城博 効果


糖尿病ライフパーフェクトマスター 小山勝弘 レビュー


自宅でできる高血圧改善プログラム 李昇昊先生 レビュー


posted by Hakucho at 23:01| メディカル・イーティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。